株式会社 グラフィッククリエーション

ブチルゴム(イソブチエン・イソプレンゴム(IIR))へのインクジェットプリント

素材の性質・印刷可否  /  素材の主な用途  /  印刷の可否・手順  /  印刷サンプルギャラリー  /  関連する基材・プリント方式

この素材の性質

ブチルゴム(英:Isobutene-isoprene (butyl) rubber/略号:IIR)は、イソブチレンとイソブレン(ブチル)を共重合することで得られる人工合成ゴムです。化学的に安定で、耐侯性、耐オゾン性、電気絶縁性、耐コロナ性、耐トラッキング性などの電気的性質にも優れています。

ブチルゴムの最大の特長は、天然ゴムや他の合成ゴムと比較し、非常に空気を通しにくいということです。また、耐水性にも優れており水の吸着性が他の合成ゴムに比較して低く、ケトン、エステル、アルコールなどの極性溶剤への耐性も良好です。高温の物性も良く、結晶化しにくいので−50℃くらいの低温でも柔軟性を保つことができます。衝撃吸収性に優れているため、振動吸収の用途では無類の性能を発揮します。性能的には特殊ゴムといえます。

欠点としては、耐油性がない、ゴム弾性が低い、耐摩耗性が劣る、加硫速度が遅い、金属との接着性に劣る、などがあげられます。これらの欠点を改良したのが塩素化ブチル(CIIR)や臭素化ブチル(BIIR)です。また、エチレン・プロピレン・ジエンゴム(EPDM)以外の合成ゴムとの親和性は良くないため、組み合わせのバリエーションは多くありません。主な用途としては、自動車のタイヤチューブ(インナーチューブ)、電線被覆、ホース、耐熱コンベヤベルトなどがあります。

素材の主な用途

自動車タイヤのインナーチューブ、インナーライナー、タイヤキュアリングバッグ、工業用品(防振ゴム、ガスケット、スチームホース、耐熱ベルト、ガス配管用パッキング素材、耐酸用パッキング素材)、電気絶縁材料、電気製品(スピーカー部品など)、建築関係(シーリング、窓枠ゴム、ルーフィング)など。

印刷の可否・手順

【印刷の可否】

×

密着し難く、ゴムを曲げるとインクが割れます。

印刷サンプルギャラリー

  • 印刷サンプルギャラリーはありません

関連する基材・素材

ページトップ