株式会社 グラフィッククリエーション

エチレン・プロピレンゴム(EPM)へのインクジェットプリント

素材の性質・印刷可否  /  素材の主な用途  /  印刷の可否・手順  /  印刷サンプルギャラリー  /  関連する基材・プリント方式

この素材の性質

エチレンプロピレンゴム(Ethylene Propylene Rubber/ASTM略号:EPM)は、エチレンとプロピレンの共重合によって得られる合成ゴムの一種です。1955年にイタリアのナツタ等によって初めて合成されました。エチレンとプロピレンゴムを炭化水素溶媒中でバナジウム系チーグラー触媒(エチレンを容易にポリエチレンにすることのできる触媒)により重合して合成されます。また、比重が0.86~0.87と市販ゴムの中で最も小さいのも特徴の一つです。イオウ加硫はできません。

このゴムは耐オゾン性・耐化学薬品性・耐熱性・電気絶縁性が優れているので、一般工業用ゴム製品および電気絶縁用に用いられます。耐候性・耐水性に優れているため、道路や橋梁など屋外で使用する防振材に用いられます。発色性がよく人体に無害であるため遊具などにも用いられます。流体移送配管接合部のガスケットやOリングでは、最も一般的に使われています。用途としては、窓枠のゴムやコンベヤベルト、電線の被覆目的、スチームホースなどがあります。鉱油や有機溶剤などへの耐油性は劣ります。

素材の主な用途

自動車用バンパー、自動車内装材、フィルム、自動車用ゴム部品(自動車用水系ホース、エアー系ホース、ウェザーストリップなど)、工業用ゴム製品、建築用ゴム製品、高圧ゴム電線や高圧ゴムケーブルの被覆材、防振ゴム素材などの屋外環境で使用するクッション材・緩衝ゴム材など。

印刷の可否・手順

【印刷の可否】

×

密着し難く、ゴムを曲げるとインクが割れます。

印刷サンプルギャラリー

  • 印刷サンプルギャラリーはありません

関連する基材・素材

ページトップ