株式会社 グラフィッククリエーション

天然ゴム(NR)へのインクジェットプリント

素材の性質・印刷可否  /  素材の主な用途  /  印刷の可否・手順  /  印刷サンプルギャラリー  /  関連する基材・プリント方式

この素材の性質

ゴムは、ゴムノキの樹液に含まれるcis-ポリイソプレンを主成分とする物質(ラテックス)によって作られる「天然ゴム(NR)」 と、人工的に合成される「合成ゴム」が存在します。

天然ゴムは機械的強度をはじめとする物性面において優れた原料ゴムで、ゴム弾性が大きく動的発熱性が低いほか、引き裂き強度についてはトップクラスの強さを持っています。また、耐寒性に優れ、加工性や接着、粘着性もよく、その引き裂き強さにより大型自動車のタイヤとしても使用されています。一般消費財から工業用途まで幅広く使われています。

天然ゴムは合成ゴムに比べると耐摩耗性については劣る傾向があります。また欠点としては、オゾンに弱く、火にも弱い点があげられます。世界の天然ゴム(NR)使用量の75~80%がタイヤで、日本の大手タイヤメーカーの新ゴム消費の45~50%が天然ゴム(NR)です。

天然ゴムは未加硫時の強伸度も大きい材料ですが、硫黄による加硫により架橋させると広い温度範囲で軟化しにくい弾性材料となります。この加硫法による弾性改良はチャールズ・グッドイヤーにより1839年に発見されました。硫黄の他に炭素粉末を加えて加硫すると、その含有量によって硬さが変化します。多くの硬質ゴム製品はこの炭素のために黒色をしています。

素材の主な用途

各種タイヤ(航空機、トラックおよびバスなどの大型タイヤ、乗用車タイヤ)、絶縁体 (電線、ケーブルの被覆材)、シール材(パッキン、ガスケット、Oリング)、各種工業用品(ベルト、防振ゴム、免震ゴム、接着剤、ゴム改質アスファルト、ホースなど)、一般家庭向けの製品(雨合羽、雨靴、タイヤ、輪ゴム、イラスティック、炊事用・作業用・医療用等手袋)、スポーツ用品(各種球技用のボール、卓球のラバー)、玩具・模型(風船、模型飛行機用動力ゴム)など。

印刷の可否・手順

【印刷の可否】

△〜×

ゴムを曲げるとインクが割れます。ゴムからの可塑剤のブリードなどにより経時で密着性が低下する可能性があります。

印刷サンプルギャラリー

  • 印刷サンプルギャラリーはありません

関連する基材・素材

ページトップ