株式会社 グラフィッククリエーション

ブリキへのインクジェットプリント

素材の性質・印刷可否  /  素材の主な用途  /  印刷の可否・手順  /  印刷サンプルギャラリー  /  関連する基材・プリント方式

この素材の性質

ブリキ(英:tinplate)は鋼板の表面にスズ(錫)をメッキしたもので、錆に強く、水分に対しても耐食性があります。主に缶(溶接缶や半田缶)の材料や電気部品等として広く使用されています。安価な鋼板はそのままの状態では錆、腐食に弱く、表面処理が必要となります。このため、メッキによるコーティングを行います。

スズメッキを施したブリキの特長は、塗装性・印刷性(薄いメッキのほうが性能が高い)に優れ、独特の金属光沢をもつ美観、加工性のよさ、溶接や半田に適する、耐食性に優れる、などが挙げられます。一方、やわらかい材質であるため傷がつきやすく、塗装性・印刷性・はんだ性能は経時劣化することがあるため、何の処理もせずに放置しておくと製造当初とは異なる性質となってしまいます。また、保管状況によっては降伏点や引張強度なども経時劣化することがあります。

電機部品・電気機器の部材としても使われることがあり、缶の製品としても適用される種類は多く、食品用から工業用途まで幅広く使われています。戦後1950年代~1960年代全盛期だった「ブリキのおもちゃ」は、現在、蒐集する愛好家の中では稀少価値の高い品が高値で売買されています。

素材の主な用途

トタン、一斗缶、缶詰(容器)、缶飲料(容器) 、バケツ、玩具、缶ペンケースなど。

印刷の可否・手順

【印刷の可否】

表面を良く脱脂してから、PR-100プライマーを併用して印刷します。

印刷サンプルギャラリー

  • 印刷サンプルギャラリーはありません

関連する基材・素材

ページトップ