株式会社 グラフィッククリエーション

ABS樹脂(ABS)へのインクジェットプリント

素材の性質・印刷可否  /  素材の主な用途  /  印刷の可否・手順  /  印刷サンプルギャラリー  /  関連する基材・プリント方式

この素材の性質

ABS樹脂(アクリロニトリル・ブタジェン・スチレン樹脂/英:acrylonitrile butadiene styrene, ABS resin/略称:ABS)は、1954年アメリカのU.S.Rubber社で始めて企業化されたエンジニアリングプラスチックです。アクリロニトリル(A)、ブタジエン(B)とスチレン(S)からなる合成樹脂で、ポリアクリロニトリルが持つ剛直性・耐油性・耐薬品性・耐熱性、ポリブタジエンの持つ耐衝撃性・耐寒性、ポリスチレンの持つ表面外観(光沢のよさ)・電気特性・加工性を兼ね備えた優れた性質をもっています。

重合の形式にはグラフト法とポリマーブレンド法があり、ブレンド法は、スチレンとアクリロニトリルの共重合体とアクリロニトリル・ブタジエン共重合体ゴム(NBR)を混合したもので、共重合体の組成や混合割合により物性を変化させています。グラフト法は、ポリブタジエンの存在下でスチレンとアクリロニトリルを共重合させたもので、耐衝撃性を示すようになります。その強度から、ヘルメットや各種機械、建築材料、バンパーなどの自動車部品、合成木材などに用いられます。

ABS樹脂は日用品や雑貨などの造形に適しており、サンドペーパーもかけやすく塗装もしやすいなどの特性があるため、パーソナル3Dプリンターの多くはABS樹脂を採用しています。

素材の主な用途

電気電子製品の各種外装・筐体・機構部品類、自動車などの内装部品、文具・雑貨類、事務用家具部材、ブラシの柄、リコーダーなどの楽器、模型(可動部部品、樹脂製の鉄道模型の車輪・透明部品を除いた大部分)、家電(ジューサーミキサー、コーヒーミル、コーヒーメーカー等の部品、電気冷蔵庫、電子レンジの部品などの他、ポット、ジャー、浄水器、米びつ計量機、漆器)など。

印刷の可否・手順

【印刷の可否】

表面を良く脱脂してから印刷します。

印刷サンプルギャラリー

  • 印刷サンプルギャラリーはありません

関連する基材・素材

ページトップ