株式会社 グラフィッククリエーション

ポリエチレン(PE)へのインクジェットプリント

素材の性質・印刷可否  /  素材の主な用途  /  印刷の可否・手順  /  印刷サンプルギャラリー  /  関連する基材・プリント方式

この素材の性質

ポリエチレン(polyethylene/略称PE)は、容器や包装用フィルムをはじめ、さまざまな用途に利用されている最もなじみの深いプラスチックです。ポリエチレンの最大の特長は、原料値段が安く、成形しやすく、多用途に向く樹脂であるということです。

ポリエチレンは構造上エチレンが重合したもので、低密度のもの、高密度のもの、直鎖状低密度のもの、超高分子のもの等いくつか種類があります。低密度ポリエチレンは耐熱温度は70~90℃と耐熱性はあまり高くありませんが、耐寒性は優れており、-20℃程度までの耐性があるといわれています。吸水性はほとんどなく防水性は抜群です。高密度ポリエチレンは色は白く不透明で、耐熱温度は90~110℃。低密度のものに比べると耐熱性・剛性に優れています。いずれも電気の絶縁性・耐油性は良い反面、接着性や印刷効果が悪い特性を持つため、インクジェットプリントには不向きの素材といえます。

素材の主な用途

食品容器やラップなどの包装材、食品チューブ、農業用フィルム、電線の被覆用途、シャンプーなどの容器やビン類、ポリバケツ、大型容器、コンテナ、パイプ、雑貨全般、工業部品、発泡材など

印刷の可否・手順

【印刷の可否】

×

印刷サンプルギャラリー

  • 印刷サンプルギャラリーはありません

関連する基材・素材

ページトップ