株式会社 グラフィッククリエーション

ポリスチレン(PS)へのインクジェットプリント

素材の性質・印刷可否  /  素材の主な用途  /  印刷の可否・手順  /  印刷サンプルギャラリー  /  関連する基材・プリント方式

この素材の性質

ポリスチレンは(polystyrene/略号PS) は俗称をピーエスといい、別名スチロール樹脂、略してPS樹脂ともいわれます。スチレン系の樹脂で、他に同類のものとしてはAS樹脂やABS樹脂があります。代表的な汎用樹脂の一つで、熱可塑性プラスチックのうち非晶性のものに分類され、耐熱温度は70~90℃、比重は1.04から1.065です。

ポリスチレンには透明で剛性に優れるGPグレードと、乳白色で衝撃に強いHIグレードの二つが知られています。GPグレードはGPPSとも表記し、透明度が高い特長があります。HIグレードは耐衝撃ポリスチレンのことでHIPSとも表記し、ゴム成分を加えているため色がついています。衝撃と硬さのバランスが良いのが特長で、添加する成分の種類や配合によって強度が変わります。ポリスチレンは着色が簡単にできる、電気絶縁性が良い、無味無臭、形状をつくりやすい、発泡させやすい、リサイクルのしやすさといった長所がある反面、耐薬品性は脆弱です。

ポリスチレンに発泡剤を用いて成型する発泡スチロールは、ポリスチレンの中でも軽さ・剛性の良さ・断熱性・保温性に優れた材料です。汎用のポリスチレン同様にベンジンやシンナーには溶解します。梱包緩衝材や食品用トレー、食品容器などに使用されています。

ポリスチレンは最もリサイクルが進んだ樹脂です。発泡スチロール(EPS)は、マテリアルリサイクル(材料リサイクル・材料再生・再資源化・再生利用)とサーマルリサイクル(廃棄物を単に焼却処理せず焼却の際に発生する熱エネルギーを回収・利用すること)の合計が約81%にも達しています。

素材の主な用途

自動車部品、電気冷蔵庫部品、電気機器の外装全般(テレビの箱、エアコンの外装部分、CDケースなど)、シャーレ、プラスチックペーパー、キャビネット、玩具、雑貨、シートなど。

印刷の可否・手順

【印刷の可否】

印刷サンプルギャラリー

  • 印刷サンプルギャラリーはありません

関連する基材・素材

ページトップ