株式会社 グラフィッククリエーション

テキスタイル素材へのインクジェットプリント
(木綿/シルク/麻/ウール/カシミヤ/ナイロン/ポリエステル 等)

NO IMAGE

木綿(コットン)へのインクジェットプリント

綿(英:cotton)は、アオイ科のワタの種子から取れる繊維で綿と人との歴史は非常に古く、約5000年前にさかのぼるといわれています。現在、綿花は世界のおよそ90か国で栽培されています。主成分のセルロース (cellulose) は植物細胞の細胞壁および繊維の主成分で、天然の植物質の1/3を占めてい...

素材の主な用途靴下、下着、Tシャツ、衣類、ハンカチ、ベッド用シーツ、タオル、ローブなどの織物製品など
» 詳細をみる
NO IMAGE

絹(シルク)へのインクジェットプリント

絹(英:silk)は、カイコの繭からとった動物繊維です。蚕が体内で作り出すたんぱく質フィブロインが主成分で、1個の繭から約800~1,200mとれる長繊維(フィラメント糸)です。シルクは見た目の美しさだけでなく、軽くて柔らかく、通気性や透湿性に優れ、着心地、触り心地がよいことから、高級素材として古く...

素材の主な用途高級衣料品、高級素材、化粧品、シャンプー、食品など
» 詳細をみる
NO IMAGE

亜麻(リネン)へのインクジェットプリント

麻(あさ)は、植物表皮の内側にある柔繊維や葉茎などから採取される繊維の総称です。人類が作った初めての織物は、紀元前5000年、古代エジプト時代の「亜麻(あま)」を使用したものだとされています。現在、世界には20種類以上の麻があります。麻は天然繊維のなかでもっとも涼しい繊維といわれ、繊維が強い、通気性...

素材の主な用途夏用衣料、スーツジャケット、シャツ、ブラウス、肌着、寝装用、資材など
» 詳細をみる
NO IMAGE

モヘヤへのインクジェットプリント

モヘヤ(英:mohair)はアンゴラヤギ(Angora goat)の毛、また、それらからつくった織物をいいます。アンゴラウサギ (Angora rabbit) の毛「アンゴラ」を含める場合もあります。主要産地はトルコ、南アメリカ、アメリカテキサス州で、トルコでは年に1回毛刈りを行うため、長い繊維を産...

素材の主な用途コート、スーツ、セーター、手袋、ショール、毛布など
» 詳細をみる
NO IMAGE

ウール(羊毛)へのインクジェットプリント

ウール (英:wool)は一般的にメリノ種の羊の毛のことをいいます。現在、世界中で飼育されている羊は約11万頭で、細くしなやかな上質のウールを産するメリノ種の羊は、1頭から平均4.55キログラムの羊毛がとれます。全世界の羊毛の45パーセントがメリノ・ウールで、日本に輸入される約80%がメリノ種です。...

素材の主な用途スーツ、セーター、ストール、敷物など
» 詳細をみる
NO IMAGE

カシミヤへのインクジェットプリント

カシミヤ(英:cashmere)は、カシミアヤギ(山羊)から取れた毛、または、その毛を織った毛織物をいいます。名称はインドの北部高山地帯のカシミール(Kashmir)地方の古い綴りに由来します。 カシミヤ山羊の毛には2種類あり、体の表面に生えている毛は太く硬い毛です。その毛の根本に生えている短...

素材の主な用途セーター、マフラー、帽子、手袋、ソックス、コート、ジャケット、パンツ、パジャマ、スカーフ、毛布など
» 詳細をみる
NO IMAGE

キュプラへのインクジェットプリント

キュプラ(英:Cuprammonium Rayon)は日本語では「銅アンモニアを使って作られた光る糸(レーヨン)」という意味で、別名「ベンベルグ」とも呼ばれています(旭化成の商標名)。化学繊維の中では早くに誕生した銅アンモニア法レーヨンとも呼ばれるセルロース繊維(再生繊維)で、1918年にドイツのベ...

素材の主な用途高級裏地、婦人用肌着、アウターウエアなど
» 詳細をみる
NO IMAGE

レーヨンへのインクジェットプリント

レーヨン (rayon) は世界で一番早く絹を目標に創り出された化学繊維で、昔は人絹(じんけん、人造絹糸)、ステープル・ファイバーからスフとも呼ばれていました。レーヨンは光線(英:ray)と綿(cotton) を組み合わせた言葉で、”光る糸”という意味です。日本でも一番最初に製造された化学繊維であり...

素材の主な用途裏地、下着、婦人服、カーテンなど
» 詳細をみる
NO IMAGE

再生ポリエステルへのインクジェットプリント

1997年4月から施行された容器包装リサイクル法で、PETボトルが再商品義務対象製品となったため、回収されたPETボトルから再生したPETフレークスを用いた再生ポリエステル繊維が生産されるようになりました。 再生ポリエステルの生地は、もともとポリエステル繊維の原料と同じため、粉砕し、溶かしなお...

素材の主な用途作業服、Tシャツ、ユニフォーム、ワイシャツ、エプロン、靴下、帽子等の雑貨小物、カーペットやカーテンなど
» 詳細をみる
NO IMAGE

ナイロンへのインクジェットプリント

ナイロン(英:Nylon)は、 ポリアミド系 ”合成繊維の総称です。1935年アメリカのデュポン社により開発され、1938年商品化されました。当時は石炭と空気と水から作られたナイロンは「くもの糸より細く、絹よりも美しく、鋼鉄より強い」といわれ、現在は石油から作られています。 ナイロンにはさまざ...

素材の主な用途ウインドブレーカー、スキーウェア、ギターの弦、ストッキング、水着、釣り糸、自動車のシート、安全ネットなど
» 詳細をみる
NO IMAGE

ポリエステルへのインクジェットプリント

ポリエステル(英:polyester)は、エステル結合-CO-O-を分子の主鎖中にもつ重合体(ポリマー)の総称です。ポリエステルの原料はナイロンと同じく石油で、プラスチックボトル、プラスチックフィルム、合成繊維に大きな用途があり、熱可塑性の飽和ポリエステルと、熱硬化性の不飽和ポリエステルとがあります...

素材の主な用途紳士・婦人・子供服、ブラウス、ユニフォーム、小物、寝具、カーテンなど
» 詳細をみる

ページトップ