株式会社 グラフィッククリエーション

カシミヤへのインクジェットプリント

素材の性質・印刷可否  /  素材の主な用途  /  印刷の可否・手順  /  印刷サンプルギャラリー  /  関連する基材・プリント方式

この素材の性質

カシミヤ(英:cashmere)は、カシミアヤギ(山羊)から取れた毛、または、その毛を織った毛織物をいいます。名称はインドの北部高山地帯のカシミール(Kashmir)地方の古い綴りに由来します。

カシミヤ山羊の毛には2種類あり、体の表面に生えている毛は太く硬い毛です。その毛の根本に生えている短い毛が服地などに使われるカシミヤの毛です。毛質は極めて細く、直径が約0.012~0.020mm、長さは約38.1~90.0mm、とても柔らかく、しなやかな光沢があり、肌ざわりは滑らかです。色はホワイトカシミア、グレーカシミア、ブラウンカシミアがあります。保温性と保湿性に優れ、生産量が少ないため、高級素材の代表とされています。

カシミヤの柔毛を春の毛の生え変わりのときに拾い集めるか、櫛で梳いて集めます。手間のかかる作業で、1着のセーターをつくるのにヤギ約4頭分の毛が必要となるといいます。このような生産量の少なさから「繊維の宝石」とも呼ばれています。高価な素材のため、羊毛や化学繊維と混紡して使用することもあります。

素材の主な用途

セーター、マフラー、帽子、手袋、ソックス、コート、ジャケット、パンツ、パジャマ、スカーフ、毛布など。

印刷の可否・手順

【印刷の可否】

前処理、蒸し、洗いの工程が必要です。GCCでの実績はありません。

印刷サンプルギャラリー

  • 印刷サンプルギャラリーはありません

関連する基材・素材

ページトップ