株式会社 グラフィッククリエーション

キュプラへのインクジェットプリント

素材の性質・印刷可否  /  素材の主な用途  /  印刷の可否・手順  /  印刷サンプルギャラリー  /  関連する基材・プリント方式

この素材の性質

キュプラ(英:Cuprammonium Rayon)は日本語では「銅アンモニアを使って作られた光る糸(レーヨン)」という意味で、別名「ベンベルグ」とも呼ばれています(旭化成の商標名)。化学繊維の中では早くに誕生した銅アンモニア法レーヨンとも呼ばれるセルロース繊維(再生繊維)で、1918年にドイツのベンベルグ社が流下緊張紡糸法により良質な繊維を製造することに成功しました。セルロース繊維なので熱に強く、磨耗性や耐久性はレーヨンより高く、他の繊維との相性も良いため、混紡、混繊、交繊、交編による複合化が可能です。

素材の特性としては、吸湿性があり、静電気によるまつわりつきもなく、耐摩耗性も優れています。さらに、深みのある色合いに仕上がるので、日本では主に高級裏地、婦人用肌着などに多く使用されています。防縮加工を施したものはアウターウエアなどにも使用されています。ただし、水に弱く、水濡れすると、縮んで小じわになってしまう性質があるので、家庭での水洗いは厳禁といえます。人工腎臓膜としても、銅アンモニア法の中空糸が使われています。

素材の主な用途

高級裏地、婦人用肌着、アウターウエアなど。

印刷の可否・手順

【印刷の可否】

反応染料インクを用いて印刷します。 前処理、蒸し、洗いの工程が必要です。GCCでの実績はありません。

印刷サンプルギャラリー

  • 印刷サンプルギャラリーはありません

関連する基材・素材

ページトップ