株式会社 グラフィッククリエーション

着物へのインクジェットプリント

この基材の特性と印刷方法  /  生産数と納期の目安  /  印刷サンプルギャラリー  /  関連する素材・印刷方式

この基材の特性と印刷方法

1002

【 基材の特性 】

着物の素材は正絹・ウール・ポリエステル・木綿・デニムなどバリエーションが豊富。日常的に和服を着る女性を見かける機会は少なくなったものの、色鮮やかな浴衣は、夏のイベントに華やかな彩りを添えています。ヨーロッパブランドでイタリアで染めているテキスタイルもインクジェットでプリントされているものもあるように、300年以上の歴史がある国の伝統的工芸品に指定される「京友禅」にもインクジェットの最先端テクノロジーが革新の波を起こしています。

 

【 印刷方法 】

酸性染料インクを用いて印刷します。
絹などの動物(アミノ基)繊維やナイロンを染めるためには酸性染料インクを用います。酸の特性を生かし、羊毛、皮革、シルクなどの動物性素材や、ナイロン等タンパク質性の化学繊維を高発色で染色します。発色のよさ、裏ぬけのある微妙な風合いも再現。染色工程を経たような仕上がりを実現します。にじみを抑えたり発色をよくするための前処理やプリント後のスチーム処理、洗い等の後処理が必要です。

生産数と納期の目安

1反約50m / 10営業日~

印刷サンプルギャラリー

  • 印刷サンプルギャラリーはありません

関連する基材・素材

ページトップ